キャットファイト動画サイトの選び方

キャットファイト動画サイトの選び方

キャットファイト系の動画を見るには昔はビデオショップに行ったりしなければいけなかったです。

 

現在はパソコンをインターネットそして電子マネーのお蔭で、躊躇することなく楽しむことが出来るようになりました。感謝。

 

苦しい時代こそ楽しいことがなければそれこそやってられませんね。

キャットファイト動画は一般的なアダルト動画と違って閲覧できるサイトはあまり多くありません。

 

キャットファイト系の動画を見るときにはABV(アキバブロードバンドビジョン)かDUGA、たまにJADEをチェックしています。

 

2016年2月20日現在のキャットファイト動画の本数を比べてみると、ABVが565本、DUGAが953本となっています。

 

JGDEの動画はDUGAと共通することが多く値段もほぼ一緒なので2つに絞るなら、ABVとDUGAで大丈夫です。

 

DVDでキャットファイト動画を鑑賞するならアキバコムも良いでしょう。アキバコムの姉妹サイトがABV(ダウンロードサイト)です。

 

ABVとDUGAのは様々なアダルト動画をダウンロードできる総合的なサイトです。

 

パッケージに記載されている金額よりもかなりディスカウントされているのは、無店舗で販売できているので経費がそれ程かからないためでしょう。

 

また、発売されてすぐの作品はあまり見かけませんが管理人は特に新し物好きではないので、特に気にしていません。

 

2016年2月20日現在ABVは合計21,228本、DUGAは110,202本と本数はDUGAに軍配があがります。

 

先ほどのキャットファイト動画の数を全体本数で割ってみるとABVは2.66%、DUGAは0.86%とABVの方が上回ります。

 

ABVの方がどちらかというとキャットファイト動画に関しては力を入れているようです。

ABVは値段がポイントで書かれていますが同じ作品に関しては、DUGAと殆ど同じです。

 

ABVの特長は「アキバコム制作部」「スーパーソニックサテライツ」など他では見ることが出来ない独自、限定レーベルのキャットファイト動画作品が楽しめる事です。

 

また、購入金額をポイントに変換する際におまけのポイントが付くことが嬉しいです。最大で、初回50000ポイントが2回目以降で2500ポイントが貰えるのですから。

 

改善してほしいところは、もう少し作品が探しやすくなればと思います。

 

また動画サンプルが見ることが出来たら良いと思います。最近はサンプル動画も作品によって見れるようになりました。

 

DUGAの特長は目的のキャットファイト動画を素早く探せることと、無料で動画サンプルを閲覧できることです。

 

またスマートフォンに対応している所です。要望としては、多く購入する時にポイント還元などのシステムがあれば良いと思います。

ABVでキャットファイト動画を効率よく探すには

フェチ系アダルト動画に定評があるABVはキャットファイト動画に力を入れています。

 

それはキャットファイト系カテゴリをメニューの上位に配置している事からも分かります。

以前はM男系カテゴリがキャットファイト系よりも上に掲載されていたのです。

カテゴリから探す

カテゴリとは分類を意味する言葉で、大分類>中分類>小分類とたどっていく事で、欲しい情報を少しずつ絞り込んでいくときに便利です。

 

ABVでは女子格闘マニア>キャットファイト系>MIXキャットファイトとたどっていくと、MIX系キャットファイト作品のページに行くことが出来るのです。

ここからはカテゴリからキャットファイト作品を探していく方法を解説していきます。便宜上、大分類、中分類、小分類として説明していきます。

大分類

ABVのカテゴリは大きく3つに分けられます。

  1. 女子格闘マニア
  2. 総合マニア
  3. 女子スポーツマニア

の3つです。この分け方からみると、ABVはまるで格闘技やスポーツのサイトと錯覚してしまいそうですが、違います。

中分類

女子格闘マニアは細かく5つに分けられます。

  1. キャットファイト系
  2. プロレス系
  3. ボクシング系
  4. 格闘系
  5. 総合格闘技&その他ファイト系

以上の5つである程度見たいカテゴリが決まってくるはずです。

小分類

最後にさらに細かく分けられています。カッコ内には作品本数が記載されているので作品ボリュームが分かるようになっています。

 

例えば、キャットファイト系なら

  1. キャットファイト
  2. レズキャットファイト
  3. エロキャットファイト
  4. ドミネーションキャットファイト
  5. MIXキャットファイト

と5つの小分類に最終的に行きつきます。

 

作品本数はキャットファイトで500本以上、プロレスなら800本以上、M格闘なら900本以上とせっかくカテゴリから小分類にたどり着いても、結構見たい作品を探すのは大変そうです。

検索の具体例

それでは、プロレスのページを見ていきます。最初に表示されるのは10件です。822本あるので、1ページに10件ずつ表示させると、最後のページにたどり着くには、80ページ以上も進まなくてはいけません。

そこで表示件数を100にしてみます。そうすると一気に9ページに全てのプロレス関連作品が収まります。

 

並び順は新着順となっていますが、価格が安い順に変更することも可能です。

 

価格順にする際は1分あたりの単価に注目しておくと、本当に安いのかが分かります。

  • 30分で3000円の作品⇒1分あたり100円
  • 60分で5000円の作品⇒1分あたり約83円

となり、価格は3000円の方が安いですが、単価では5000円の方がお得になっている事も少なくないのです。

 

1分あたりの単価は金額を再生時間で割ると求められます。

キーワード検索から探す

大手検索サイトで利用している検索窓。ABVにもキーワードを入力するだけで作品を見つけてくれるキーワード検索を利用する事が出来ます。

 

カテゴリ検索では大量の作品が見つかってしまう、ぜいたくな悩みを抱えてしまうキャットファイト系動画が充実しているABVには相性が良い探し方です。

 

その際利用するのが、複数キーワードによる検索です。方法はとても簡単で、各キーワードの間に半角スペースを入れるだけです。

 

半角で複数のキーワードを指定すると、その全てを含む作品を見つけ出してくれます。

 

例えば、バトル(メーカー)がリリースしている、団体対抗戦の作品を見つけたいなら、

「バトル 団体対抗戦」と2つのキーワードを指定することで、5件の作品のみヒットさせることができます。

 

ポイントは先程のカテゴリから探すで大分類、中分類、小分類で解説したように、メジャーなキーワードとマイナーの組み合わせで検索すると、絞り込みやすいです。

 

例えば、「バトル キャットファイト」とどちらもメジャーなキーワードで検索すると、絞り込みが十分できず、500件以上ヒットしてしまいます。

 

反対にマイナーなキーワード同士だと、一件もヒットしない可能性が高いです。

 

メジャーなキーワードにはメーカー名や格闘形態を入れ、マイナーなキーワードには大会名や出演者名を入れると時間や手間をかけずにお目当てのキャットファイト動画に巡り合える確率が高まります。

 

半角でキーワードをつなぐ方法は一般の検索エンジンとABVで共通の検索テクニックです。普段の検索で利用しておくとコツがつかめるはずです。

 

ABVのレズキャットファイト動画を見てみる

page top